変形性膝関節症の原因はO脚にあり!手術は必要なの?

60代以上の女性の悩みで上位にランクインする「変形性膝関節症(へんけいせいひざかんせつしょう)」。この足育塾では、変形性膝関節症の治療や症状改善に役立つ「ひろのば体操」、靴選びについて解説したいと思います。今回のテーマは「変形性膝関節症とは?原因と治療法」です。

変形性膝関節症とは?

加齢、肥満、遺伝的因子、力学的負荷など、多くの原因が関与して発症する疾患とされています。無理な力が膝にかかり、関節の表面を覆っている関節軟骨が徐々にすり減ってきて、関節に炎症が起こり、これが痛みに大きく影響します。

 

60代以上の女性で急増中!

年齢別・性別の割合のデータの図:

一般的には、中高年(50歳以上)の女性に多く、40歳代から徐々に増え始めます。60歳代の女性の約40%、70歳代の女性の約70%がこの病気にかかっていると言われています。こわばり感から始まり、徐々に正座、しゃがみ込み、階段昇降などで膝が痛むようになります。

 

進行していく過程では、就眠時や安静時にも痛みを感じることがあり、膝を完全に伸ばすことが困難となってきたりします。さらに変形性膝関節症が進むと、階段のみでなく平地での歩行にも支障をきたすようになります。日常生活上で支障をきたすようになると、かなり変形性膝関節症が進行している可能性が高くなります。

 

要支援・要介護の原因 第1位!日本人の5人に1人が変形性膝関節症!

 

要支援になる原因:

高齢者が要支援になる原因の1位,要介護になる原因の4位が変形性膝関節症を含む関節疾患で、膝の動きが悪くなることが高齢者の生活の質(quality of life: QOL)を著しく低下させています。

 

日本の変形性膝関節症の患者数(40 歳以上)は、レントゲンにより診断される患者数は 2,530 万人(男性 860 万人,女性 1670 万人)となり、変形性膝関節症の症状が出ている方は約 800 万人とされています。潜在的な患者数(X線診断による患者数)で約3000万人との推定もあり、国民の4人に1人、高齢者の2人に1人という疾患である。

 

手術療法のひとつ人工膝関節置換術も毎年4万件以上行われています。日本において変形性膝関節症の予防と進行防止を目的とした治療方法の確立が急務とされています。

 

 

患者総数の推移の図

 

変形性膝関節症の原因はO脚!遺伝や足指変形の影響も

変形性膝関節症の発症や進行には、様々な要因が関係しているとされています。はっきりした原因は分かっていませんが、長い期間ひざに負担がかかることで、ひざの関節でクッション機能を果たしている軟骨に傷がつくことが原因と言われています。

 

 

加齢

関節の中にあって軟骨に栄養を供給しているヒアルロン酸が加齢に伴い減少することで、軟骨が傷つきやすくなると言われています。

太りすぎ

人が歩くときには、体重の約3.1倍の負荷がひざにかかるため、体重が重いほどひざに負担がかかりやすく、軟骨や半月板が傷つき発症しやすくなります。

運動不足

運動不足で脚の筋肉が衰えてくるとひざに大きな負担がかかってしまい、ひざを動かしたときの衝撃が吸収できにくくなって痛みを生じます。

性別

女性に多く発症することが分かっています。閉経などホルモンのバランスも影響していると考えられています。

遺伝

最近ではさらに遺伝的要因が大きく影響していることが明らかにされています。

姿勢(O脚)

日本人に多いといわれるO脚の方は、もともと変形性膝関節症になりやすいことが分かっています。なぜならO脚の場合、すねの骨が内側に弯曲(わんきょく)しているので、 体重のかかり方から内側の軟骨ばかりが擦り減り、それが長期間続いた結果、膝関節に負担がかかるためです。また、閉経後の女性は、ホルモンバランスの変化により骨がもろくなるといわれています。そのためにO脚になりやすいことが分かっています。

 

O脚の原因の一つに、外反足というものがあります。これは、足の筋力の低下によって、かかとの骨をまっすぐに保つことができなくなり、足が外に倒れて下腿骨(ひざ下の骨)が外に弯曲すること(わんきょく)します。

O脚のもう一つの原因が、足指の変形もしくは小指の機能不全です。小指は足にかかった体重が外に倒れないようにするためのストッパーなので、小指が使えなくなると、足が外に倒れて下腿骨(ひざ下の骨)が外に弯曲すること(わんきょく)します。

足指が変形しないようにすることが、変形性膝関節症予防には重要になります。そのためには、靴の中で足が滑らない工夫がとても大切なのです。

 

診断法(検査)

問診・診察

問診では、主に膝の痛みなどの自覚症状について確認します。病院によっては、世界的な評価をうけた25問からなる「質問票」(日本版変形性膝関節症機能評価尺度)があり、これによって、単に痛みの強さだけでなく、日常生活にどの程度悪影響が出ているのかを、短時間に把握することができます。

 

検査

レントゲン検査(X線撮影)では、膝関節の状態を観察します。X線撮影は立った状態で行います。変形性膝関節症の場合には、X線写真で軟骨の下にある骨が硬くなる「軟骨下骨硬化」や、関節のすきまが狭くなる「関節裂隙の狭小化」、とげ状の骨である「骨棘」などがみられます。

レントゲン検査(X線撮影)以外に、必要に応じてMRI検査、関節液検査、血液検査を行う場合があります。

 

進行度分類

現在,変形性膝関節症の診断基準として使われるのは,X線撮影によるKellgren-Lawrence(KL)分類です。KL分類では 骨棘の形成や関節裂隙の狭小化,軟骨下骨の骨硬化を基準として5段階で重症度を評価しますが、大きな骨棘と強い痛みを有する症例でも関節裂隙の狭小化がなければ軽症と診断されるなど,実際の臨床像との間にずれが生じることがあります。また、診断が医師の主観に委ねられるため、同じ画像でも医師によって診断が異なる可能性があります一般的に、グレードⅡ以上の場合に変形性膝関節症と診断されます。

 

グレード0正常
グレード1骨棘の可能性、関節裂隙狭小化の疑い
グレード2明確な骨棘、関節裂隙狭小化の可能性
グレード3中等度で複数の骨棘、明確な関節裂隙狭小化、骨硬化、骨端部変形の可能性
グレード4大きな骨棘、著明な関節裂隙狭小化、高度の骨硬化、明確な骨端部変形

 

変形性膝関節症による疼痛は,内側関節裂隙や膝窩部を中心として広範囲に発生し、KL分類で重症度が高い例ほど痛みが発生する傾向が見られますが、ROAD(Research on Osteoarthritis Against Disability)StudyでKL分類3以上の群の疼痛保有率が男性約40%、女性約60%にとど まっていたように、重症度が高ければ必ず痛みがあるわけではありません。

 

これまでの変形性膝関節症の治療は対症療法が基本

変形性膝関節症の治療目標は、痛みを軽減して膝関節機能の改善を図り、日常生活動作を低下させないことです。治療は、主に「保存療法」と「手術療法」に分けられます。進行度にかかわらず、まず保存療法を行いますが、保存療法を行っても痛みが軽減せず日常生活に支障をきたす場合には、手術療法が考慮されます。

保存療法では「生活指導」を基本として、「食事療法」「運動療法」「物理療法」「薬物療法」「装具療法」を組み合わせて行います。

生活指導

膝の痛みのため体を動かさず運動不足になると、膝を支える筋力が低下し、体重増加を招きます。その結果、膝への負担が増え、痛みが増すという悪循環をきたします。保存療法の基本として、まずは運動、減量や食事を中心に生活指導を行います。

食事療法

栄養指導では、特に高齢者の方はたんぱく質摂取が極端に少ないことが挙げられます。食生活に気を配り、カルシウムやビタミンは積極的に摂取している人でも、肉、魚、卵などの筋肉を作るためのたんぱく質を「コレステロールが高いから」といって避ける傾向があります。

運動療法

運動療法は膝関節周囲の筋力を強化し、膝関節への負担を軽減するために行いますが、変形を抑制する効果はありません。理学療法士による理学療法を受けたとしても、漠然とした下肢筋力増強運動、関節可動域運動、バランス運動が行われているにすぎません。それは、科学的根拠に乏しく、有効性に関する比較検討や費用対効果に関する研究は行われていない等の問題があるからです。

物理療法

運動以外の物理的手段を用いて運動機能の活性化をはかる方法ですが、疼痛緩和、血流改善、関節の動きを改善させる効果があります。 病気そのものを治すためのものではなく、あくまでも対症療法として運動機能の回復を助けるためのもので、変形を抑制する効果はありません。

1. 超音波療法
2. TENS療法
3. EMS

4.マイクロカレント療法

5. 水治療法
6. ホットパック
7. 磁気刺激療法
8. ジアテルミー

9. 干渉波治療
10. レーザー治療
11. 温泉療法
12. 温熱療法

 

薬物療法

変形性膝関節症の薬物療法には、「内服薬」「外用薬」「関節内注射」がありますが、病気そのものを治すためのものではなく、あくまでも対症療法として、炎症を抑えて痛みを軽くして回復を助けるためのものです。変形を抑制する効果はありません。

内服薬

1.非ステロイド系消炎鎮痛剤(NSAID)
ソレトン、ボルタレン、ロキソニン等が比較的短時間(30分位)で効果が現れます。

2.漢方製剤漢方薬
体質が合えば効果を期待でき、変形性膝関節症では、「防已黄ぎ 湯」が痛みと水腫に効果があります。

 

外用薬

1.塗り薬
2.冷感湿布
3.  温感湿布
4.テープ剤
5.坐薬

皮膚から吸収されて患部に到達して効果を発揮します。強い痛みには対応できず、内服薬のように身体の奥まで効果が届きにくい

関節内注射

1. ヒアルロン酸の注入
関節軟骨の被膜保護、潤滑改善、軟骨修復、消炎鎮痛作用があります。 週1回、計5回ほどで改善する人が多く、疼痛改善率は90%以上と言われています。誰にでも効くわけではなく、変形の程度により効果が低い方もいます。

2. ステロイドの注入
抗炎症作用による強い鎮痛作用があります。ヒアルロン酸でも効果が見られない場 合や痛みがひどい急性期に使うと効果的です。ただし、繰り返して使うと軟骨破壊 が進むこともあるので、最低でも2週間以上間隔をあけて頻回には使わない方が良い注射と言われています。

3. 伏在神経ブロック注射
変形性膝関節症により過敏になった膝内側の神経の興奮を抑えることで痛みをとる太ももの内側にする注射。関節内注射でも良くならない例にも有効で、疼痛改善率は90%以上と言われています。

 

装具療法

膝の変形によって不安定になってしまった膝関節の補強や、膝関節への負担を減少するために足底装具、機能的膝装具、サポーター、杖などが用いられます。 日本人の場合はO脚が多いため、骨の形状から膝の内側の軟骨だけすり減り減っていき、変形性膝関節症に発展することが多いため、 この進行を抑制するために靴の中敷に特殊な足底挿板 (そくていそうばん) )=オーダーインソールを敷く装具療法がよく用いられています。疼痛の軽減、バランス能力の改善効果はあるものの、変形を抑制する効果はありません。

 

手術費用は60万円以上!足指体操で重症化を予防

保存療法を行っても十分な効果が得られず、日常生活に支障をきたす場合には、手術療法を行います。変形性膝関節症に対して行われる主な手術には、「関節鏡視下手術(かんせつきょうしかしゅじゅつ)」「高位脛骨骨切術(こういけいこつこつきりじゅつ)」「人工膝関節置換術(じんこうかんせつちかんじゅつ)」があります。

変形性膝関節症の手術費用

保険を使う場合は、人工膝関節置換術の場合は60万円に上限が定められています。 医療保険など軽減制度が適用できると、いずれも約10万の費用ですみます。 実際に払う費用は97,430円に入院費や食事代を加えた額となります。 よって、約10万円程度で手術を受けて頂くことができます。高額療養費制度を利用すると57,600円が1ヶ月あたりの自己負担限度額になります。(2019年4月1日現在)

人工ひざ関節一式の価格: 約60万円 ⇒ 実際の負担額: 約10万円

変形性膝関節症の代表的な3つの手術

関節鏡視下手術(かんせつきょうしかしゅじゅつ)

関節の変形が軽度で、半月板の損傷や関節の内側を覆う滑膜の炎症が痛みの主な原因となっている場合に行う手術です。内視鏡を関節内に入れて内部の様子をモニターで見ながら、軟骨片を取り除いたり、痛んでいる半月板や炎症性の滑膜を部分的に切除したりします。体への負担は少ないですが、効果が続かないと言われています。


高位脛骨骨切術(こういけいこつこつきりじゅつ)

すねの骨(脛骨)の一部を切ってO脚を矯正することで、膝の内側の関節面に集中した体重の負担を膝全体にバランスよくかかるようにする手術です。自分の膝関節を温存することができ、治療後は日常生活動作やスポーツも可能になりますが、日常生活に戻るまでには時間がかかります。


人工膝関節置換術(じんこうかんせつちかんじゅつ)

関節軟骨のすり減りで痛みの原因になっている関節の表面を切除し、人工関節(インプラント)に置き換える手術です。膝関節が大きく変形し、痛みで歩行が困難になったような場合に行います。膝関節全体を置き換える「全置換術」と、部分的に置き換える「片側置換術」があります。術後にリハビリテーションを行うことによって日常生活動作は可能になりますが、激しい運動や正座はできなくなります。

 

 

悪化させないために自宅で改善できる方法も

私自身、老人指定病院で5年間の理学療法士経験があり、大いなる期待を抱いてリハビリテーションを行なっていました。しかし、従来の対症療法中心の治療では、骨の変形を治す根本的な解決には繋がらないことから、失意の中で病院を辞めた経緯があります。

その後「何か歩けない人を歩けるようにする方法はないか」と模索する中で、妻のO脚改善をきっかけに足指の研究をスタート。長年苦労した末に、ようやく足指を広げて伸ばす「ひろのば体操」で変形性膝関節症の症状を改善することを発見しました。

もちろん、先天的に骨の変形が激しい場合など、手術でしか治せないケースもありますが、後天的な変形性膝関節症は足の筋力低下を改善することで、手術を回避することができるケースは多いものです。

変形性膝関節症は原因を理解した上で、継続的に自宅でセルフケアを行っていくことで、症状の緩和や骨の変形の改善を目指すことが可能な病気です。O脚は「足の筋力の低下」という根本原因があり、足の筋力をつけていけば十分にセルフケアで改善できるものなのです。その基本となるのが「ひろのば体操」と「YOSHIRO SOCKS」なのです。

この講座では、具体的な症例を基に、「ひろのば体操」のやり方など、足元から自分自身の力で健康になれる話を展開していきます。

 

ひろのば体操のやり方

YOSHIRO SOCKSnの購入

変形性膝関節症の改善例

 


■参考文献

・変形性膝関節症について

1)Yoshimura N, et al. J Bone Miner Metab 2009; 27: 620-628
2)吉村典子:一般住民における運動器障害の疫学―大規模疫学調査 ROAD より.THE BONE 24:39-42,2010.
3)村木重之,阿久根徹,岡 敬之・他:腰椎圧迫骨折は他の慢性疾患よりも QOL を低下 させる‐ROAD study‐.オステオポローシス・ジャパン 18:33-37,2010.
4)厚生労働省:平成 19 年度国民生活基礎調査の概況. http://www. mhlw.go.jp/toukei/list/20-19-1.htm1
5)Muraki S, et al. Osteoarthritis Cartilage 2009; 17: 1137-1143)
6)Prevalence of radiographic knee osteoarthritis and its association with knee pain in the elderly of Japanese population-based cohorts: the ROAD study.Muraki S, et al. Osteoarthritis Cartilage 2009; 17: 1137-1143
7)Zhang W, Moskowitz RW, Nuki G, et al.: OARSI recommendations for the management of hip and knee osteoarthritis, part I: critical appraisal of existing treatment guidelines and systematic review of current research evidence. Osteoarthritis Cartilage 15: 981-1000, 2007.
8)Zhang W, Moskowitz RW, Nuki G, et al.: OARSI recommendations for the management of hip and knee osteoarthritis, Part II: OARSI evidence-based, expert consensus guidelines. Osteoarthritis Cartilage 16: 137-162, 2008.
9)Zhang W, Nuki G, Moskowitz RW, et al.: OARSI recommendations for the management of hip and knee osteoarthritis: part III: Changes in evidence following systematic cumulative update of research published through January 2009. Osteoarthritis Cartilage 18: 476-499, 2010.
10)AAOS Guideline on the Treatment of Osteoarthritis (OA) of the Knee http://www.aaos.org/Research/guidelines/GuidelineOAKnee.asp

・変形性膝関節症の原因について

11)Doherty M: Risk factors for progression of knee osteoarthritis. Lancet 358: 775-776, 2001.
12)
大森 豪:変形性膝関節症の病態と悪化因子.新潟医学会雑誌 117:397-400,2003.
13)Blagojevic M, Jinks C, Jeffery A, et al.: Risk factors for onset of osteoarthritis of the knee in older adults: a systematic review and meta-analysis. Osteoarthritis Cartilage 18: 24-33, 2010.
14)Sudo A, Miyamoto N, Horikawa K, et al.: Prevalence and risk factors for knee osteoarthritis in elderly Japanese men and women. Journal of Orthopaedic Science 13: 413-418, 2008.
15)大森 豪,古賀良生,遠藤和男・他:【変形性膝関節症の基礎と臨床】大規模集団検診 の縦断的調査による変形性膝関節症の発生要因と危険因子.THE BONE 23:27-30,2009.

・診断法について

16)Kellgren JH, Lawrence JS: Radiological assessment of osteo-arthrosis. Ann Rheum Dis 16: 494-502, 1957.
17)赤居正美,岩谷 力,黒澤 尚・他:疾患特異的・患者立脚型変形性膝関節症患者機能 評価尺度:JKOM(Japanese Knee Osteoarthritis Measure).日本整形外科学会雑誌 80:307-315,2006.
18)赤居正美,岩谷 力,黒澤 尚・他:疾患特異的・患者立脚型変形性膝関節症患者機能 評価尺度 JKOM(Japanese Knee Osteoarthritis Measure).運動療法と物理療法 16: 55-62,2005.

・装具療法について

19)Gélis A, Coudeyre E, Hudry C, et al.: Is there an evidence-based efficacy for the use of foot orthotics in knee and hip osteoarthritis? Elaboration of French clinical practice guidelines. Joint Bone Spine 75: 714-720, 2008.

・薬物療法について

20)Huskisson EC. J Rheumatol 1995; 22(10): 1941-1946
21)Scott DL, et al. Rheumatology 2000; 39(10): 1095-1101
22)AmericanAcademyofOrthopaedicSurgeons(2008).TreatmentofOsteoarthritis of the Knee(Non-arthroplasty): Full Guideline
23)Zhang W, et al. Osteoarthritis Cartilage 2008; 16(2): 137-162
24)Zhang W, et al. Osteoarthritis Cartilage 2010; 18(4): 476-499
25)Reichenbach S, et al. Ann Intern Med 2007; 146(8): 580-590

最新情報をチェックしよう!

変形性膝関節症の最新記事8件

>一生自分で歩く足育塾

一生自分で歩く足育塾

ほんとうの健康づくりのコツはとてもシンプル。さまざまな健康法やアンチエイジングケア法が日々登場している中で、これってホントに効果があるの? 理学療法士として美と健康を追求し、究極の美容法・健康法の基礎が足指にあることをお伝えします。「ひろのば体操」の方法や効果、足指についての知識をみんなで共有し、世界中の人が健康になれるお手伝いをしていきたいと思います。ハルメクWEBでも美容と健康のコラムを連載中です。

CTR IMG