症例ー変形性膝関節症

  • 2020年10月28日
  • 2020年11月1日
  • 症例
  • 281view

 

変形性膝関節症
 

変形性膝関節症

アクロス福岡で行われたひろのば体操講演会。1000名ほどの参加者の中から希望者に出てきてもらい、壇上で治療をしていくエンターテイメント型の講演会です。変形性膝関節症で両膝の軟骨がすり減り、両膝の手術を勧められていました。膝の痛みで階段の上り下りが困難で、長時間立っているのも苦痛でした。しかし足指を広げるケアで10分後には膝の痛みがウソのように消え、手すり使用することなく階段を上り下りできるようになり、痛みなく歩けるまでに回復しました。

 

変形性膝関節症

変形性膝関節症で両膝の軟骨がすり減り、両膝の手術を勧められていました。杖を使わないと歩けないくらいに膝が痛み、椅子からの立ち上がりもままなりませんでした。しかし足指を広げるケアを始めて2週間後には膝の痛みがウソのように消え、杖を使用することなく歩けるまでに回復。毎日「ひろのば体操」を頑張ったおかげです。

 

変形性膝関節症

両膝の痛みがあり変形性膝関節症と診断。歩行器を使用してカウンセリングにいらっしゃいました。支えがないとバランスを崩してしまうほどでした。しかし足指を広げるケアにより30分後には痛みも軽減し、支えなしで普通に歩くことができるようになりました。

 

変形性膝関節症

NHKにも出演された方ですが、加齢による変形性膝関節症と診断。杖をついても長時間歩くこともできず、階段も難しい状態でした。しかしご主人のお墓参り行きたいという本人の強い希望があり、カウンセリングにいらっしゃいました。92歳という年齢でありながら、足指を広げるケアにより15分後には杖なしで歩けるまでに回復。靴とインソールを購入され、半年後には階段も上り下りができるまでになり、ご主人のお墓参りにも行くことができるようになりました。
 

変形性膝関節症

変形性膝関節症と診断され、車椅子での生活をされていました。もう一度自分の足で歩きたいという本人の強い希望があり、足指を広げるケアを徹底的に行いました。ご家族の方に「ひろのば体操」を頑張ってもらったおかげで、徐々に状態が回復して行き、自分で立ち上がって伝い歩きができるようになり、7ヶ月後には痛みも軽減してきたために歩行器などを使用することなく歩けるまでに回復しました。家の中では車椅子を使用せずに生活ができています。
 

変形性膝関節症

膝の痛みで杖を使われていました。病院では膝の手術しか治療方法がありませんと言われていましたが、手術をなんとかせずに治したいということで相談にいらっしゃいました。足指を広げるケアを毎日頑張った甲斐があり、徐々に膝の痛みはなくなり、杖を使わなくても歩けるまでに回復しました。1年もすると走れるまでになりとても喜ばれていました。
 

変形性膝関節症

両膝の痛みで杖を使って歩かれていました。病院では手術しか治療方法がありませんと言われ、手術が怖かったので手術以外の方法はないか探していたそうです。治療にいらしていた娘さんの紹介でご相談にいらっしゃいました。足指を見ると「かがみ指」と「浮指」があり、靴は足に合っていないものでした。そこで、足指を広げるケアを指導したのですが、20分後には杖なしで歩けるまでに回復。YOSHIRO INSOLEを作成し、自宅で毎日履いてもらうようにしました。すると2回目の2週間後には杖なしでもシャキシャキと歩けるまでに回復し、笑顔で喜ばれていました。
 


Bさんは、膝の痛みで整形外科に行き「一生、正座は無理」と言われたそうです。膝の痛みで畑仕事や犬の散歩もできなくなり、家もバリアフリー住宅にしました。自宅に引きこもりがちな生活となり、このままでは寝たきりになるのではないかと考えたほどです。ところが、「ひろのば体操」と「YOSHIRO SOCKS」で足指伸ばしを実践した結果、3週間で正座ができて驚いていました。たったこれだけですが、Bさんは膝の痛みが消え、正座ができるようになったのです。このように、3週間ひろのば体操をやるだけで、足の痛みが治る、正座ができるという例も珍しくありません。

 

最新情報をチェックしよう!

症例の最新記事8件

>一生自分で歩く足育塾

一生自分で歩く足育塾

ほんとうの健康づくりのコツはとてもシンプル。さまざまな健康法やアンチエイジングケア法が日々登場している中で、これってホントに効果があるの? 理学療法士として美と健康を追求し、究極の美容法・健康法の基礎が足指にあることをお伝えします。「ひろのば体操」の方法や効果、足指についての知識をみんなで共有し、世界中の人が健康になれるお手伝いをしていきたいと思います。ハルメクWEBでも美容と健康のコラムを連載中です。

CTR IMG