はだしの効果|1日20分だけ自然の中に座ってストレスホルモンを減らそう

 

大地からエネルギーを充電しよう!

まずは1日20分自然に触れてみる

少なくとも20分間は自然と触れ合うことで、ストレスホルモンのレベルを下げることができると、科学者たちは考えています。心理学のフロンティア誌に発表された研究の著者らは、自然を体験するか、あるいは「自然の薬」と呼ばれるものを摂取することで、ストレスに関連する体内の化学物質のレベルが低下するかどうかを解明したいと考えました。

研究チームは、都市に住む36人の被験者を集め、週に3回、少なくとも10分間、自然と触れ合っているような屋外空間で過ごしてもらいました。彼らは、合計8週間これをしました。参加者は、いつ、どこでこれが起こったかを自由に選択することができます。研究中に4回、被験者は自然体験の前後に唾液のサンプルを採取しました。参加者は、夜の外出、運動、携帯電話の使用、会話、読書など、ネイチャーピルを服用している間にストレスを感じるような活動をしないよう求められました。

自然に触れることで平均21.3%のストレスが低下

被験者の唾液中のコルチゾール濃度は、自然体験後に1時間あたり平均21.3%低下しました。この効果は屋外での20~30分の間で最も顕著であった。その時点で、参加者はまだ恩恵を受けていたが、その割合は低かった。活動性はコルチゾール値に影響を及ぼさないようであった。

最も活動的でない人、座っている人、または座って少し歩いている人でも、α-アミラーゼ酵素の低下が28%見られました。自然とのふれあいの利点は、カナダの 「Mood Walks」 プログラムや米国の 「Nature Sacred」 プログラムなどの団体によっても訴えられています。

研究者たちは、この研究が、精神障害の予防策や治療法として、自然の錠剤を医療機関が正確に処方するのに役立つことを期待しています。本研究の主執筆者であり、ミシガン大学の准教授であるMaryCarol Hunter博士は、 「我々は、自然の中で過ごす時間がストレスを減らすことを知っているが、これまでは、どの程度の時間が十分であるか、どのくらいの頻度でそれをするのか、どのような種類の自然体験が我々に利益をもたらすのかが不明であったと言います。

「私たちの研究では、ストレスホルモンであるコルチゾールのレベルを効果的に下げるという点で、最大の効果を得るためには、20分から30分、自然の感覚を与えてくれる場所で座ったり歩いたりする必要があることが示されています。」Hunter氏によると、参加者がいつ、どこで自然薬を服用するかを選択できるようにすることで、アウトドアで過ごす最適な時間を正確に特定し、現代の生活に適合させることができたという。「医療従事者はこの結果を自然薬の処方に何を入れるべきかの根拠に基づく経験則として使うことができる。」と言いました。

 

自然欠損障害とは?

自然欠損障害については聞いたことがありますか?大人だけでなく、子どもを自然の中で遊ばせない、自然から遠ざけるというのは、実はとても危険なことなんです。

自然欠損障害とは?

 

 


【参考文献】

1)Urban Nature Experiences Reduce Stress in the Context of Daily Life Based on Salivary Biomarkers. Front Psychol. 2019 Apr 4;10:722. doi: 10.3389/fpsyg.2019.00722. eCollection 2019.

最新情報をチェックしよう!
>一生自分で歩く足育塾

一生自分で歩く足育塾

ほんとうの健康づくりのコツはとてもシンプル。さまざまな健康法やアンチエイジングケア法が日々登場している中で、これってホントに効果があるの? 理学療法士として美と健康を追求し、究極の美容法・健康法の基礎が足指にあることをお伝えします。「ひろのば体操」の方法や効果、足指についての知識をみんなで共有し、世界中の人が健康になれるお手伝いをしていきたいと思います。ハルメクWEBでも美容と健康のコラムを連載中です。

CTR IMG