足指を矯正する世界初構造の指育靴下|YOSHIRO SOCKS

  • 2020年8月16日
  • 2020年10月19日
  • 研究
  • 1277view

YOSHIRO SOCKS
18年以上の姿勢の研究で、正しい姿勢と呼吸のためには足指が広がっている必要があることがわかってきました。足指が広がるメカニズムに着目し、形状記憶機能を持たせた5本指靴下です。

注文する


足指を広げることが歩く力のトレーニングに!

 

足指 カラダの土台を支えているとも言われており、歩いたり、ジャンプしたり、走ったりする時にバランスを取るために必須。浮き指になるとつまづきの原因に。 太もも 太ももを持ち上げる時の筋肉で、弱っていると歩くスピードが落ちたり、立ち上がりが困難に。最大30%アップ。 背筋 正しい姿勢を保つための筋肉で、弱っていると猫背の原因に。最大で48%アップ。

足指を効率的に広げる接触力は『7Gf』

様々な靴下にはあらゆる繊維の伸縮数が設定されていますが、湯浅慶朗は足指が広がるメカニズムに着目し、効率的に足指を広げるためには、糸が足指に接触する力が『7Gf』であること、さらに中足骨のアーチサポートの部分の接触力が『10Gf』以上であること、さらにこれら2つの接触力の差が『1Gf』以上あることを見出しました。

 

どんな足でもフィットする収縮性能

『Yoshiro Socks』は、大きな収縮力を持っています。一般的な5本指靴下と比較して、最大2倍伸びるので、どんな足の形でも合わせることが可能です。さらには伸び寸だけでなく、戻り寸(ゴムが伸びた後の戻る力)にも注目したことで本来の足の形に近づけることができるSMS(Shape Memory Socks=形状記憶靴下)として完成させました。

 

形状記憶構造で本来の足を記憶させる指育靴下

繊維張力によって足指トレーニングをサポートするテクノロジー、それがSMSです。SMS(Shape Memory Socks=形状記憶靴下)は、形状記憶刺激によって足指の筋肉トレーニングをサポートします。そして日本人の9割が浮き指。足指でしっかりと地面をつかむことができる構造なので、無意識にふんばる力がアップします。

 

履くだけで猫背や口呼吸を予防する

外反母趾と内反小指

足指が広がれば、人間本来の機能を取り戻し正しい姿勢と呼吸を手に入れることができます。 外反母趾と内反小趾 足の筋力低下で起こる親指や小指の変形を、効率よく足裏の筋肉を使える状態にすることで予防していきます。Yoshiro Socks着用時と未着用時で外反母趾角と内反小趾角の角度計測を行い、中足骨・末節骨の変形角を比較。その結果、着用時は外反母趾角が平均6.8°・内反小趾角は平均19.8°改善し、未着用時に比べて足指を広げる活動が生じていることが確認できました。このことははだしの状態よりも理想的な足指に近い状態であることを反映していると解釈できます。

 

浮き指

日本人の9割が浮き指。足指でしっかりと地面をつかむことができる構造なので、無意識にふんばる力がアップします。Yoshiro Socks着用時と未着用時で足底圧測定器で測定を行い、足指の浮き指率を比較。その結果、着用時は足指の接地率は平均8.1本まで改善し、未着用時に比べて平均2.5本の接地率改善が生じていることが確認できました。このこともはだしの状態よりも理想的な足指に近く、足裏のバランスが良い状態であることを反映していると解釈できます。

理想的な姿勢に

足裏が安定して全身のバランスが整うことで、まっすぐに立つことができるので猫背や側弯などが予防できます。Yoshiro Socks着用時と未着用時で背筋力の測定を行い比較。その結果、着用時は背筋力は平均11.3kg増加し、未着用時に比べて背筋力の向上が生じていることが確認できました。背筋力と姿勢の相関関係は強く、猫背やストレートネックの改善に効果的で、75名を対象とした姿勢の変化では猫背や反り腰が41.3%改善し、ストレートネック角は14.2°改善(正常範囲は15°以内と言われており、15°を超えると口呼吸や顎関節症を引き起こしやすくなり、首コリや肩こりの原因にもなります)しました。

 

正しい鼻呼吸に

足裏が安定し姿勢が整うことでストレートネックが改善すると、鼻で呼吸をすることがラクになります。ストレートネックと口呼吸には深い相関関係があります。Yoshiro Socks着用時では口を閉じる力が26.9cN(平均33%)向上し、足指を広げることで姿勢や口呼吸が改善されることが証明されました。口呼吸は様々な疾患(糖尿病や膠原病)の原因として知られていますが、足指を広げることで予防効果があることが示唆されます。口呼吸率は36%から18%まで低下し、風邪やインフルエンザの予防にも効果があると言えます。足指を広げることは関節の痛みの予防だけでなく、内臓疾患の予防にも役立つ可能性があります。

関節の痛みを予防

足裏が安定すると全身の筋肉の緊張がやわらぎ、筋肉の緊張による関節の痛みを軽減することができます。Yoshiro Socksとひろのば体操を併用することで、わずか3週間でひざや腰の痛みの指数(VAS)は83%改善しています。さらには63%の方は3週間で痛みの指数(VAS)がゼロまで改善しています。足指が広がっていないと歩行時における筋肉の緊張が増加してしまい、健康のためのウォーキング効果があまり望めない状態に陥ってしまいます。足指が広がると正しい姿勢を保つことができるため、関節や筋肉に負担をかけることなくウォーキングが行えるということが結論づけられました。

 

転倒予防を予防

足指が広がると足元が安定し、つま先が上がりやすくなるため、転びにくくなったり足でしっかりと踏ん張ることができるようになります。国際医療福祉大学の森田正治教授との共同研究がNHKでも実証され、支持基底面が増加し重心動揺が減ったことにより足指を広げると転倒の危険性をかなり少なくすることが言えると実証されました。

新しい糸の特徴

滑りにくい
この靴下に使われている糸の表面積は、通常の綿の糸の数倍の大きな摩擦力が発生するので、靴下の中でも外でも足が滑らず足指の変形を予防します。


 

ムレにくい
超極細繊維なので、繊維と間に水が入り込みやすく、夏場でもムレにくくなっています。純綿の4倍以上の水分拡散性を持っています。


 


破れにくい
靴下と足、靴下と中敷きとの間で摩擦が起きにくいので強度にも優れています。素足に近い薄さで、歩行に最適な高性能素材です。通常の靴下と比べて、最大4倍もの耐久性があります。



フィットする
特殊な縫製技術と伸縮繊維のちからにより、どのような足の形にもフィットするように作られています。ひどい外反母趾や内反小趾など、どんな足の形でも合わせることが可能です。


こだわりの、Made in Japan。

時間はかかるけど、一足ずつ丁寧に。
日本の工場でホールガーメント®機(島精機)という無縫製機で生産しています。 1足あたりの縫製時間はなんと20分(一般的な靴下編み機の約5倍)。 仕上げから梱包、検品、発送まで、徹底して日本製にこだわっています。

これまで開発した靴下との違い

 

CHICA
矯正する靴下は締め付けが強いイメージだけど、YOSHIRO SOCKSはどうなの?
YOSHIRO
これまでは確かに締め付けが強くてすぐに脱ぎたくなる靴下でしたが、工場の技術の問題で理想とするものが作れなかったんだ。100社以上に直談判して、ようやく締め付けない矯正用の靴下が完成したんだよ。
CHICA
そうなんですね!でも、締め付けが弱いと矯正力がないようなイメージですけど…
YOSHIRO
矯正力は以前のものよりアップしているよ。これは人間のホメオスタシスという機能を利用しているからできる技術なんだ。それに糸の編み方や繊維の構造にも秘密があるんだよ。
CHICA
それはすごい!以前のものは靴下が分厚くて、靴のサイズを変えないといけないこともあったけど、そこはどうなんですか?
YOSHIRO
以前から素足感覚の靴下を作りたかったんだけど、これも工場の技術の問題でできなかったんだ。でも普通の靴下と同じ薄さに出来上がっているから大丈夫。
CHICA
でもそんなに薄いとすぐ破れたりするんじゃないんですか?
YOSHIRO
そう思うでしょ?確かに以前のものは数週間で破れることもあったけど、YOSHIRO SOCKSは繊維の構造や編み方が全然違うから、これまでの靴下の6倍以上長持ちするんだよ。私のは1年以上履いているけど、まだ破れていない。フルマラソンを走った人もいるけど、これまではいつも破れていたのに、YOSHIRO SOCKSは破れなかったって喜んでいたよ。
CHICA
すごい!!矯正力がアップしているのに、履きやすくて、きつくなくて、破れない上に、長持ちするならコスパが良いですね!
YOSHIRO
そうなんだ。欠点といえば、糸の構造上たくさんの色が作れないということと、破れないから買い替え需要がほとんどないことかな(笑
CHICA
それは笑えますね!

 

YOSHIRO SOCKSにより様々な不調を改善に導く指育のための靴下

YOSHIRO SOCKSにより全身が整うと、様々な不調の改善にもつながります。

外反母趾冷え性むくみひざ痛
股関節痛腰痛X脚・O脚側湾症
顎関節症かみ合わせ口呼吸不眠
胃腸障害肩こり首こり便秘
ダイエット自律神経失調慢性疲労肌荒れ
睡眠時無呼吸リフトアップバストアップヒップアップ 

YOSHIRO SOCKSを購入する

YOSHIRO SOCKSの履き方

 

足指を広げるとこんなに変わる!

症例実績

足指を広げると、どうしてそんなに変わるの?

足指は全身の健康を司っています。足指の健康が、実は健康のカギを握っています。医療の分野ではそんな研究が進められているのです。詳しくは下記のページを参照してみてください。

足指について詳しく見る

Hand-Standing理論について

 

 

NHK番組 足育

NHK「サキどり」「ガッテン」「美と若さの新常識」において、代表取締役  湯浅慶朗が原案・取材協力しました。

詳しく

 


【参考文献】

1)  外反母趾の機能解剖学的病態把握と理学療法.湯浅慶朗.理学療法 第31巻 第2号 2014.2 P159-165
2)『足指をそらすと健康になる』湯浅慶朗/著 PHP研究所 2014.6
3) 日本整形外科学会編:整形外科学用語集,第8版.南江堂,東京,pp56,77,169.
4) 渡邉耕太:足趾の疾患 成人lessor toe障害.槌趾,ハンマー趾,鉤爪趾.関節外科,2013, 32: 80-86.
5)繊維学会編「図説 繊維の形態」p.188~221 朝倉書店刊
6)日本機械学会 機械工学講座 IV-3 繊維機械(1) p.150~160 社団法人日本機械学会刊
7)祖父江寛著 紡織繊維学総論 p.246 裳華房刊
8)安塚勝三著 フィラメント加工技術マニュアル(上巻)p.47~51

最新情報をチェックしよう!
>一生自分で歩く足育塾

一生自分で歩く足育塾

ほんとうの健康づくりのコツはとてもシンプル。さまざまな健康法やアンチエイジングケア法が日々登場している中で、これってホントに効果があるの? 理学療法士として美と健康を追求し、究極の美容法・健康法の基礎が足指にあることをお伝えします。「ひろのば体操」の方法や効果、足指についての知識をみんなで共有し、世界中の人が健康になれるお手伝いをしていきたいと思います。ハルメクWEBでも美容と健康のコラムを連載中です。

CTR IMG