ひろのば体操講演会(ハルメクイベント)動画配信

外反母趾とO脚対策「ひろのば体操体験会」・約20分


1月9日(火)から毎週火曜11:00~(約20分/全4回)
【再配信】毎週金曜20:00~

足指研究の第一人者の湯浅慶朗の「ハンドスタンディング理論」。足腰やひざの痛みは外反母趾や浮き指が原因の一つ。足指を広げて伸ばす「ひろのば体操」を覚えて、足ゆびのトラブルと全身の不調を自分で改善しましょう。

 

 

▼配信スケジュール

【本配信】

1月9日(火)11:00~

1月16日(火)11:00~

1月23日(火)11:00~

1月30日(火)11:00~


【再配信】

1月12日(金)20:00~

1月19日(金)20:00~

1月26日(金)20:00~

2月2日(金)20:00~

 

2023年2月に雅叙園ホテル東京で行われた講演会です。コロナ明けの3年ぶりの講演会でした。久しぶりでしたので、うまく伝えられなかったところや、時間配分で反省点が多い内容でしたが、参加された方のアンケートは非常に好評だったそうです。いつの日かまた全国を回って講演会を行い、夢と希望と勇気を与えていければと考えています。

湯浅慶朗(YUASA YOSHIRO)
足指研究所 所長
理学療法士、足指博士、足指研究所 所長。ハルメク靴の共同開発者。東京大学で研究を行う。

病院で理学療法士として高齢者医療(リハビリ)に携わる。現代医療のあり方に疑問をもち、病院を退職。妻のO脚改善をきっかけに足指の研究に入る。一生歩き続けられる体をつくる「ひろのば体操」を考案。西日本新聞連載「お茶の間学・足指伸びてますか~」(全22回)が人気となり、NHK「サキどり」「ガッテン」などで足育として取り上げられ、大きな反響を呼び、足指研究所で足腰の相談に乗るほか、病院の再建をはじめ、一般や学生、児童向けの講演活動を行っており、日本国内だけでなく、ニューヨークやバンコクなど、世界各地を飛び回っている。

この記事が気に入ったら
またはいいねしてね!(笑

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました
目次