CATEGORY

研究

  • 2020年8月16日
  • 2020年10月19日

足指を矯正する世界初構造の指育靴下|YOSHIRO SOCKS

YOSHIRO SOCKS 18年以上の姿勢の研究で、正しい姿勢と呼吸のためには足指が広がっている必要があることがわかってきました。足指が広がるメカニズムに着目し、形状記憶機能を持たせた5本指靴下です。 注文する 足指を広げることが歩く力のトレーニン […]

  • 2020年7月27日
  • 2020年10月26日

症例実績ー「ひろのば体操」と「足指矯正用靴下」による奇跡

  症例実績   寝たきりからの回復 19年前に足腰に異変をきたし、大学病院を受診。頚椎の1番と2番の位置がずれていたため、放置すると神経を圧迫し歩けなくなると言われたため、1番と2番の骨を外し、頚椎の頭部間に金属を入れて固定する […]

  • 2020年6月5日
  • 2020年8月6日

足指変形が姿勢・呼吸・歯並びの関連性に関する研究

足指変形と姿勢・呼吸の関連性に関する研究   2017年に新たに寝たきりゼロの国づくりの第一歩として、理学療法士と歯科医師がタッグを組んで久留米市の保育園で研究をスタートさせました。園児たちの姿勢を改善させることが目的で、医療関係者と連携し […]

  • 2020年5月25日
  • 2020年8月15日

東京大学における「ひろのば体操」のリハビリテーションの安全性や効果の検証

  東京大学との共同研究 足指研究所では、「ひろのば体操」の更なる普及・発展のために東京大学との共同研究を行なっています。東京大学スポーツ先端科学研究拠点(拠点長:石井 直方教授)と湯浅慶朗は、人的・知的資源の交流と物的資源の活用を図り、医 […]

  • 2020年5月25日
  • 2020年8月6日

足指変形と運動能力の関連性に関する研究

足指体操で園児たちが転ばなくなった!やる気と自信もついた   「この頃は、本当によく転ぶねぇ」「手が出ないで、顔からそのまま行くのよね」福岡県筑後地方保育士会からこんな話が出ました。 子供達が転びやすく、危機感があった このときに限らず、子 […]

  • 2020年3月28日
  • 2020年8月4日

子どもの足指が姿勢や呼吸、歯並びに及ぼす影響とは|指育の観点から考える

指育とは? 人は足趾の機能的な発達が不十分な場合、足部周囲筋が十分に発達せず、アーチ機能が低下するために「歩く」「立つ」「走る」「座る」などの基本的動作能力・運動能力の低下に支障が生じます。 それによりO脚・X脚・猫背・反り腰・側弯症などの不良姿勢を […]

  • 2020年1月31日
  • 2020年8月15日

湯浅慶朗の定理ーHand-Standing理論とは?

  ハンドスタンディング理論 2008年に湯浅慶朗が発見した「ハンドスタンディング理論」とは、人が立つ時の状態を、逆立ちに置き換えて考えることを言います。逆立ちするとき、手の形はどうしますか?手の指を大きく広げ、まっすぐ伸ばしているはずです […]

>一生自分で歩く足育塾

一生自分で歩く足育塾

ほんとうの健康づくりのコツはとてもシンプル。さまざまな健康法やアンチエイジングケア法が日々登場している中で、これってホントに効果があるの? 理学療法士として美と健康を追求し、究極の美容法・健康法の基礎が足指にあることをお伝えします。「ひろのば体操」の方法や効果、足指についての知識をみんなで共有し、世界中の人が健康になれるお手伝いをしていきたいと思います。ハルメクWEBでも美容と健康のコラムを連載中です。

CTR IMG